中国語を学びたいなら中国語教室へ

仕事や留学や旅行で中国に行く人も多い昨今、中国語ができたらコミュ二ケーションも取れるし楽しみが増えるものです。
現地に長くいると知らない間に習得していくということもありますが、大人になってからはなかなか馴染みにくいものです。


だから少しは中国語を知っていたほうがいいです。

そこで活用したいのが、中国語教室です。

日本にもたくさんの中国語教室があります。

中国語は中国大陸だけではなく、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシアなどの国が使っています。
日本とはとても近い国々で日本からもよく行くし、日本にも訪れたり、住んでいたりする人が多い国々でもあります。


またそれらの国には日本の会社もありますし交流が多いので、現地に行く予定がなくても中国語を知っていて損はありません。中国語は韓国語や英語やその他の言語よりは馴染みやすい言語です。ひらがなやカタカナはないけれど、漢字で表すし文法も似ています。

逆に日本語がわからない中国人が初めて日本に来ても、「行く目的地など看板があるとだいたいわかる」と言っていたことがあります。


そのようにお互いに馴染みのある言語なのです。現在日本には中国人が全国に約70万人います。

そしてその中には講師や教師の資格を持って中国語教室を営んでいたり、講師になっている人も多いので、生の中国語を教えてもらうことができます。
中国にも方言のようなものがあり、北京、上海、香港などで違う中国語がはなされているのですが、中国語教室では一般的に標準語である北京語を習います。

最近は英語を学習するのにも、教室まで行かなくても自宅でパソコンを使って学習できたり、英会話を聞くだけで覚えていくというような学習法が出てきていて、同じように中国語も中国語教室に足を運ばなくてもできる学習方法があります。

しかし実際に中国語教室に通うことで、中国人の先生と実際会話ができ質問もすぐにでき、発音も正しく教えてくれます。
また中国語を教えてもらう以外にも中国の文化や生活について話も聞けることもあるでしょう。

だから中国語を習いたいなら、全国にあるので中国語教室に通って習うのがいいです。